Instagramアイコン
Menu
  • facebookアイコン
  • Instagramアイコン
2021/04/05

サーキュラーエコノミー・ジャパン代表 中石和良が語る【僕がなぜサーキュラーエコノミーファッションブランドを立ち上げたのか】

僕は、企業や団体様に向けてセミナーや講演、アドバイザリー/コンサルティング業務を通じて、日本の経済や産業の仕組みのサーキュラーエコノミーへの移行を加速することをライフワークとして取り組んでいます。

ただ、コンサルタントとか評論家って、実際に自ら実業を行っている訳ではなく、まあ、「口だけ」と言っていいかと思います(自分を振り返ってのことで、他のみなさんのことを言っている訳ではないです。)

実際に自らが全てのサプライチェーンを動かして、そこでの課題を確認し解決し、かつマーケティング・販売して消費者の反応を体感しないと、本当に無責任で気楽な「口だけ」のコンサル/評論家になってしまうと思っています。

日本には、僕より遥かに優秀で、サーキュラーエコノミーに関してもより多層な情報収集や分析されている方々がたくさんいる中で、あえて僕に声をかけていただいた企業・団体等のクライアント様には、他のコンサル/研究家/評論家とは違う価値提供をすべきと考えたからです。

<プロフィール>

中石和良
一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン 代表理事

松下電器産業(現パナソニック)、富士通・富士電機によるジョインとベンチャー企業で経理財務・経営企画部業務に携わる。その後、ITベンチャーやサービス事業会社などを経て、2013年にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)及び株式会社ビオロジックフィロソフィを設立。欧州ビオホテル協会との公式提携により、ホテル&サービス空間のサステナビリティ認証「BIO HOTEL」システム及び持続可能なライフスタイル提案ビジネスを手掛ける。
2018
年、サーキュラーエコノミー・ジャパンを創設、2019年に一般社団法人化。代表理事として、日本での持続可能な経済・産業システム「サーキュラー・エコノミー」の認知拡大と移行に努める。

https://www.circulareconomy-japan.com